バレンシア以外への留学をご希望の方は姉妹サイト「バルセロナ・スペイン留学」と「プエンテ・スペイン留学」(マドリード・ビルバオ・サン・セバスティアン・セビージャ・グラナダ・マラガ)をご覧下さい。

私の留学体験記その1:留学先決定から学生ビザ申請まで

私のスペイン留学体験記

Hispaniaスタッフ盛千夏「バレンシア・スペイン留学」代表の盛千夏です。

初めて留学生としてスペインに来たのは1999年。1度帰国してバレンシアに再度留学、その後バルセロナで就職、学生滞在証(Tarjeta de estudiante)から労働許可(Permiso de trabajo)へ書き換えを行い、昨年やっと俗にスペインの永住権と呼ばれるPermiso de residencia de larga duraciónを取得しました。

スペイン留学を考えている方、スペインに長期滞在したい方、スペインで仕事がしたい方の役に立てればいいなと思います。

スペイン語留学を決めるまで

アイルランドで英語を学んで日本に帰国当初、若かった私は英語も出来るようになったし、就職もなんとかなるかなと思っていました。でも日本には英語がネイティブ並に出来る人は探せば結構いるんですよね。世間知らずでした。 当時の私の英語レベル(TOEICで850点ぐらい)では英語だけを武器に食べていくのは難しかったので、もう一つ特技を増やすことにしました。

私の得意な事&好きな事が語学だったので、スペイン語を選択。アイルランド留学後にヨーロッパを3ヶ月ほど旅行した時に居心地の良かったのがスペインだったのと、イタリア語もやってみたかったけれど、6カ国語を操るイタリアの友人に「イタリア語はイタリアでしか通じないから、スペイン語にすれば?」ってアドバイスを受けたんです。

もう一度スペインに行ってみたいな・・・という思いもあったので、スペイン留学を夢見て、仕事をしながら週1回でスペイン語レッスンを開始。初めは会話が多めの英語とスペイン語の授業がある学校へ、その次はもう少し文法なんかもきっちり勉強出来る、東西文化センターで学びました。私のクラスは校長先生のヘスス・マロト先生が担任で、先生は私より日本語が上手でした笑。

留学先をバレンシアにした理由

バレンシアを留学先に決めたのは、アイルランド留学時代の友人で、ずっと文通をしていたR君がバレンシア出身だったから。

スペイン留学の相談をすると、R君のお姉さんが大学を卒業し、彼ら姉弟と幼なじみA君が一緒に暮らしていたアパートに1室空きが出るから、是非来いとの事。

手紙には「家賃は光熱費込みで15,000ペセタ」って書いてありました。当時のレートで15,000ペセタは約12,500円。日本人の感覚で、「1ヶ月12,500円って事はないよねー、1週間12,500円でしょ?」と返信したのを覚えています。

R君からの答えは「1ヶ月12,500円」。当初はスペインの家庭の雰囲気を味わいたくてホームスティを考えていたけれど、こんなオファーもうないだろうと軌道修正して、R君のアパートにお世話になることに決定!

ペセタからユーロに切り替わる前のスペインはとっても物価が安くて、1999年のバレンシアの物価は日本の半分から1/3ぐらいの感覚でした。

学校選びと学生ビザ申請

住む場所=留学先が先に決まったので、あとはバレンシアのスペイン語学校を探すだけ。今と違い、学校のサイトをネットで検索して情報を集める時代ではなかったけれど、留学代行業者の入学手続代行料は私には高額だったので、アイルランド留学の時のように自分で留学手続をすることにしました。

学校情報を手に入れるために、在日スペイン大使館でバレンシアにあるスペイン語学校のリストや資料を閲覧させてもらったり、スペイン留学ガイドブックを購入して留学までの流れや、学生ビザの手続方法を調べたり・・・。

その後、いくつかの学校に手紙を書いて、返信が早く、授業料が安かったCILCEという学校に入学申し込みをしました。銀行でドキドキしながらレートの良い日を選んで留学費用を支払い、入学許可証が郵送されてきたら、今度は在日スペイン大使館で学生ビザの申請です。

1999年は、学生ビザ申請に宿泊証明証が必要なかったので、スペイン到着直後からR君と幼なじみのA君とアパートシェアが出来た私は滞在費が安くすみ、ラッキーでした。

無犯罪証明証(犯罪経歴証明証)健康診断書も必要ありませんでしたが、銀行の残高証明では少しトラブルがありました。銀行で英語の残高証明証を作成してもらう時に、銀行印を押して下さいときちんとお願いしたにも関わらず、印は必要ありませんと突っぱねられ、学生ビザ申請のために在日スペイン大使館に行くと残高証明の書類だけ予想通り再作成となりました。

書類をチェックしてくれた大使館の方は親切で、心配する私に再提出の残高証明は郵送でOKですよと教えてくれました。書類不備でナーバスになっていたので、本当に有り難かったです。慌てて銀行に戻り経緯を説明したら、担当の女性ではなく、上司の方が平謝りしてくれました。

学生ビザは今よりも短時間で入手出来たし、長期ビザ(滞在予定181日以上)と短期ビザ(滞在予定91日以上)なんて種類もなく、91日以上(3ヶ月)滞在の場合は学生ビザ申請でした。

これから少しずつ私の留学体験記を随時UPしています。

当サイトが提供する無料サービス&サポートはこちらから

Facebookのオフィシャルページでは、サイトに掲載されない生のバレンシア・スペイン情報や写真を随時UPしています。

Twitter「バレンシア・スペイン留学」はこちらから

スペイン留学についてのお問い合せ

関連記事

Avatar

盛 千夏

このサイトについて

スペイン在住15年のスペイン留学専門エージェント。バレンシアで語学留学中にバルセロナで仕事を見つけ、引っ越し。
バルセロナでスペインの労働許可を取得し、日本の製薬会社が顧客の医療系出版社で4年間日本向けプロジェクトを運営。
2008年から再びバレンシア在住。日本食レストランのホール責任者→スペイン人向けの英語学校秘書→スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て、スペイン専門の留学エージェントとして独立。
家族はIT技術者のスペイン人夫と猫2匹。

入学手続き代行&留学サポート無料!

留学コーディネーター 盛 千夏留学コーディネーター 盛 千夏(モリ チナツ)

  • 入学手続き代行
  • 学校・コース・宿泊施設選択のアドバイス
  • 見積もり作成
  • バレンシアの日常生活情報提供
  • 学生ビザなど各種手続きのお手伝い
  • 留学前から語学学校終了終了までのメールカウンセリング
無料サポートについてはこちらをクリック!

バルセロナ留学を無料でサポート!

バルセロナ・スペイン留学 日本人スタッフが日本語で対応。バルセロナの格安語学学校紹介、入学手続き代行、学生ビザサポート、生活のご相談はすべて無料。特別割引も実施中!お気軽にお問い合せ下さい。

Pickup post

  1. セビージャのカテドラルのある広場
  2. スペイン留学
  3. バレンシアのクリスマスイルミネーション。
  4. ユーロ札 スペイン
  5. クリスマス

ポチッとよろしく!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ ジモモ バルセロナ 卒業旅行の日程調整ツール 調整さん
original-paella
Return Top