バレンシアで日本食&日本の調味料を入手するには

日本食材はなるべくスペインで現地調達

スペイン留学中は毎日スペイン料理でいいと思ってもたまには日本食が恋しくなるし、日本食作ってというリクエストも結構あります。でも日本からしょう油、みりん、ダシ、海苔、味噌…と全部持ってきたらとんでもない荷物になってしまうので、出来れば現地調達にしましょう。

現在私が使っているしょう油はオランダで作られているキッコーマン。ブランドやメーカーにこだわりがなければバレンシアでもそれなりに日本食材が揃います。

日本人経営のお店で日本食調達

バレンシアのルサファ市場(Ruzafa市場)内には、バレンシア在住の日本人、京子さんがオーナーの日本食材店「Gatro Japónがあります。

こちらでは日本製や日本の会社が作った調味料や食材などが手に入ります。日本酒の種類も多いので、和食好きのスペイン人の友達と行くといいかも!

バレンシアのチャイナタウンで日本食材を入手

バレンシアの鉄道駅Estación del Norte(北駅)を背にしてXativa通り(Calle Xativa)を左に進むと、Pelayo通り、そしてその次の通りがいつも素敵な火祭り人形で有名なConvento de Jerusalén通り(Calle Convento de Jerusalén)で、この辺りを中心にバレンシアのチャイナタウンが形成されています。

お勧めの中華スーパーその1:HiperAsia

バレンシアの北駅に併設しているバレンシアで一番大きな中華スーパー。冷凍食品、野菜や豆腐の他に日本・韓国・タイなどの調味料も豊富です。
バレンシア在住日本人が一番お世話になっている

お勧めの中華スーパーその2:遠東行

遠東行(Supermercado Asiático Yuen Tong)は、HiperAsiaよりも古くからあるバレンシアの老舗中華スーパーです。
大きさはHiperAsiaには負けますが、他の中華スーパーに比べると大きくHiperAsiaとは若干品ぞろえも違います。

バレンシアの中華スーパーで手に入る日本食

全てのものが日本で作られたわけではありませんが、メーカーにこだわらなければほぼ何でも手に入ると言っても良いと思います。

  • 調味料:醤油、みりん、みそ、出汁、マヨネーズ、ポン酢、めんつゆ、ソース(とんかつ、ウスター、やきそば、お好み焼き)、ドレッシング、わさび、からし、七味唐辛子、カレー粉、胡麻油、酒
  • 麺類:インスタントラーメン、焼きそば、うどん、そば
  • 粉類・米類:お好み焼き粉、たこ焼き粉、片栗粉、パン粉、日本米(安い物から高い物まであります)、もち米
  • 冷凍もの:納豆、餃子、たこ焼き、さといも、レンコン、寿司用の魚、うなぎ、どら焼き、小豆・抹茶アイス、雪見大福
  • 野菜:白菜、大根、青梗菜、シイタケ、エノキ、オクラ、長芋、タケノコ、しょうが
  • その他:豆腐、餃子・わんたん・春巻きの皮、ふりかけ、ごま、のり

関連記事一覧