コロナウイルス:7/1スペイン入国スタート・学校再開・ビザ発給

6月21日で警戒事態宣言解除

バレンシアでは現在フェーズ3という段階で、外出制限もかなり緩和されています。

スペインは6月21日に全国的に警戒事態(Estado de Alarma)が解除され、以降は各州政府の方針に従います。

7月1日:EU圏以外の外国人受け入れ

EU圏の外国人のスペインへの入国は6月21日から、7月1日以降はEU圏以外の外国人の入国も可能になります。

つまり、旅行者や3か月未短期留学の場合は7月1日からスペインに入国可能です。

7月6日:語学学校の再開

バレンシア内のほぼすべての語学学校で、7月6日に学校オープン予定となっています。通常のクラススタート後はオンラインクラスを続ける学校、続けない様々です。

初心者の場合は初心者コース開始日を必ず確認してから語学学校にお申込み下さい。

また、ビザの発給が必要な方はビザの申請&発給状況を確認の上、学校スタート日を決定するようにして下さい。

ビザの申請・発給について

ビザの申請状況について在日スペイン大使館に質問したところ、下記のような回答を頂きました。

現在通常通りの受付時間(査証申請は平日の9時半から12時15分、12時までの入館にご協力お願いします)にてビザ申請の受付自体はしているものの、スペイン本国から全ての査証発給停止指示が出ており、また同指示解除の目処が立っていないため、ビザ発給までの所要日数については全く見通しが立たない状態です。

ワーキングホリデービザは一度申請してしまうとビザの期間変更ができないため、状況が落ち着いてから申請されることをお勧めいたします。

学生ビザについても状況が落ち着いてからの申請をお勧めすることには変わりありませんが、夏、秋の渡航に向け近日中の申請を希望される場合には、通常よりも時間がかかることが予想されることをご理解いただいた上で、申請なさってください。

申請はスペイン入国日の90日前から可能です。

駐日スペイン大使館 – Ministerio de Asuntos Exteriores
http://www.exteriores.gob.es/Embajadas/TOKIO/ja/Paginas/inicio.aspx

このような状況ですので、必要であれば出発日をずらすなど調整が必要です。ワーキングホリデーの方は特にビザ申請にご注意下さい。

関連記事一覧