スペインで学生ビザ申請&ワーホリから学生ビザに変更可能に

観光ビザ入国➡学生ビザ申請、ワーホリビザ➡学生ビザに変更が可能

スペインに観光ビザ(ビザなし)で渡航し、スペインで学生ビザが申請できるようになりました。
また、ワーキングホリデービザから学生ビザへの変更(ビザの切り替え)も日本に帰国する事なく全てスペインで手続き可能です。

2020年11月の情報です。ビザに関する条件や申請方法・書類は突然変更されることもあります。申請を考えている方は必ず最新情報を入手するようにして下さい。

スペインで学生ビザを申請する方法&書類

スペイン入国後(シェンゲン協定国入国後)、60日のうちに手続きを開始する必要があります。スペイン語が苦手な方は、日本人スタッフ常勤のHispania, escuela de españolEspañoléをお勧めいたします。

学生ビザ申請に必要な書類

日本で学生ビザを申請する際と殆ど同じ書類です。

  • ビザ申請用紙:EX 100
  • 税金支払い証明:Modelo 790 Código 012
  • パスポート:有効期限が1年以上あること。
  • 入学許可証:語学学校の場合は、セルバンテス協会認定校であり、週20時間以上の授業に申し込みが必要。期間は181日以上(26週間)であること。
  • 銀行残高証明:滞在予定月×538ユーロ/月以上。残高は多ければ多いほど望ましい。
  • 海外留学保険:医療保険だけではなく、Repatriaciónと言われる本国送還保険が付いているもの。診察・治療時に支払いが生じるCopagoと呼ばれる保険は不可で、必ずSin Copagoであること。
  • 無犯罪証明書(犯罪経歴証明書):過去5年に居住した国の無犯罪証明書。日本であれば日本の外務省で取得し、アポスティーユ証明を付ける事。法定翻訳人(Traductor Jurado)のスペイン語翻訳必須。
  • 健康診断書
  • 証明写真

学生ビザ申請方法

コロナウイルスの影響で、書類提出にも予約(Cita)が必要となりました。
申請場所は、Subdelegación del Gobierno(住所:C/ Joaquín Ballester, 39)になります。

スペインで学生ビザを申請する際のメリット&デメリット

スペインでビザ申請のメリット

  • 日本でビザの申請をする時間を省けるので、すぐに渡航可能。
  • スペイン到着後に学校訪問や街の様子を見てから留学先を決められる。
  • スペインの保険に到着後加入OK。語学学校で保険を扱っている場合もあります。

当サイトでは、スペイン到着時にすぐに学校見学ができるようにアレンジ、その後の入学申し込みのお手伝いも無料です。お気軽にお問い合せ下さい。

スペインでビザ申請のデメリット

  • スペインでの銀行口座開設や健康診断など、ある程度のスペイン語力が必要とされる。
  • スペイン入国(シェンゲン協定国入国)から60日以内に手続きをする必要があるので、少しあわただしい。
  • 日本で犯罪経歴証明書(無犯罪証明書)を取得し、アポスティーユ証明を付ける事(日本で申請の場合はアポスティーユは必要なし)。また、日本語の書類は、全てスペイン語に翻訳必須。翻訳は法定翻訳人(Traductor Jurado)の物であること。
  • 法定翻訳人(Traductor Jurado)にスペイン語の翻訳を頼むため、余分な費用と時間がかかる。
  • ビザなしでスペイン(シェンゲン協定国)に入国するため、往復のフライトチケット購入が必要。
  • 日本でビザを申請した場合は、到着後すぐにTarjeta de Estudiante(学生証)の手続きとなりますが、スペインで1から手続きをする場合は、ビザの申請➡Tarjeta de Estudianteの申請となり手元に身分証明書が届くまでに時間がかかる。アルバイトなどを考えている場合は、このTarjeta de Estudianteと呼ばれる身分証明書が必要です。

ワーキングホリデービザを学生ビザに変更する方法

基本的には、上記のスペインで学生ビザを申請する方法と同じですが、健康診断と無犯罪証明書(犯罪経歴証明書)は必要ありません。
ただし、今後何か変更があるかもしれませんので、ワーキングホリデービザから学生ビザへの切り替えを考えている方は、必ず申請前に最新情報を入手してください。
申請手続きを始めるのはビザの期限が切れる2か月前からが望ましいとされています。

長期滞在に向いた格安語学学校をお探しの方は、当サイトまでお気軽にお問い合せ下さい。バレンシア以外にも、バルセロナ、マドリード、サン・セバスティアン、ビルバオ、セビージャ、グラナダ、マラガの語学学校と提携しています。