バレンシア以外への留学をご希望の方は姉妹サイト「バルセロナ・スペイン留学」と「プエンテ・スペイン留学」(マドリード・ビルバオ・サン・セバスティアン・セビージャ・グラナダ・マラガ)をご覧下さい。

私の留学体験記その4:語学学校とクラスメート

語学学校の初日は同居人のR君に学校まで送ってもらい、レベルテストを受けて初級コースからスタートとなりました。初心者コースじゃなくて、初級コースだったので日本で少しだけ勉強したスペイン語、無駄ではなかったようです。

語学学校の様子

ネットで情報検索など出来ない時代に学校所在地、料金、入学資料請求時の対応だけで決めた学校は…そうですね、一生の友達にも出会えたし、最高のクラスメート達だったけれどクセのある先生が多かったです笑。

全体的に悪い学校ではないけれど、これがスペインで公立学校(EOI)、大学コース、私立学校4校に通った私の正直な感想です。

月曜日~金曜日まで毎日4クラス受講し、各クラスは文法、ボキャブラリー、会話、みたいな感じでそれぞれ担当の先生がいました。

初めの1ヶ月は毎日4クラスの授業後、プライベートクラスも1時間だけ取っていたんですが、先生と喧嘩することもしばしば。だって私のスペイン語が理解できなかったり、日本の習慣や文化が少しでも彼女にとって「変なこと」と感じると、顔をしかめるんです。

異文化にオープンでない、スペイン語の先生ってどういうこと? って若かった私(&我の強い私)は頭に来ちゃって。喧嘩した分この先生とは仲良くなったけど、普通こんな事はあり得えません。私は言われたら言い返すタイプの人間ですが、スペイン語がうまく話せず悔しい思いもしました。(こういう事が起きた時はすぐに学校スタッフに相談して下さい。プライベートレッスンなら先生と話して授業の仕方を変えてくれたり、先生を変えてくれるのが普通です。)

でももちろん嫌な思い出ばかりじゃないんですよ。好きな先生もいました。

文法担当のJJ先生は、一生懸命勉強する生徒には本当に親身になってくれて、彼の授業のノートは今でも私の宝物です。彼は何を聞いても即座に分かりやすく答えてくれました。会話とアクティビティ担当のC先生も明るくておおらかで大好きでした。

学校には台所が設備されていて、週に1回スペイン風オムレツやパエリアがサングリアと共にふるまわれ、お料理教室があったりと食いしん坊の私はいつも楽しみにしていました。

日本人は会話やディベートの授業で発言するのが苦手…という人もいます。でもスペイン語が上手に話せないから語学学校にいるんだ、外国人だから話すときに間違っても良いんだと、リラックスしてのぞんで見てください。たくさん間違えて先生にどんどん訂正してもらいましょう!

留学すれば、スペインで生活をしていればそのうちスペイン語は上手になるというのは余程語学の天才でもないかぎり幻想です。留学初めの3ヶ月しっかり信頼のおける語学学校で勉強すると、日常生活には困らなくなるし、スペイン人と意思の疎通ができはじめます。行動範囲も広くなるし、基礎が固まったあとはスペイン語上達度も早くなりますよ!

頑張って勉強した分は絶対に無駄になりません。でもスペイン語の上達度は個人差があるので、周りのヨーロッパ系留学生と自分を比べて焦らず、自分のペースで勉強を続けてみてください。

クラスメート

バレンシア留学する日本人はそれほど多くないのに、日本で勉強していたスペイン語学校のクラスメートが私より1週間前にバレンシア入りしていました。彼女はスペインタイルに興味があったのでバレンシアを選択したとのこと。日本出発前に同じ学校に行く事が決まっていてお互いびっくり。当然スペイン語レベルは同じなので、同じクラス。

それ以外にはスウェーデン人の同世代の男の子が2人。そのうちの1人D君とよく話をするようになりました。授業中は当然スペイン語での会話(会話と言っていいのかは疑問なレベル)だけど、やっぱりスウェーデン人英語が上手で、休み時間は話したいことがたくさんあってうずうずするので英語の会話が多かったです。

学校のアクティビティの後そのまま残って騒ぐ。場所は割りと有名なカフェ・リスボア。でもそれも初めだけ。4人だったクラスにフランス人F君が入って来ました。彼女のVちゃんと共にスペイン語の勉強に来たんです。

F君は初日に、すっごいフランス語なまりのスペイン語で「あ、オレ、英語まったく話せないから全部スペイン語でよろしく!」って爽やかに宣言します。これで、周りもそうだよね、やっぱりスペイン語で行こうって感じになったのでした。

彼はおもしろい子でとにかく人なつっこい(スペイン語だとsimpático)。パーティ大好きで、週末は彼の提案で初心者クラス、初級クラス、中級クラスの子が一緒に遊ぶことが多くなりました。

週末は同居人達が実家に帰りヒマな私は、F君の「金曜日は強制的に夜遊びの日」に必ず参加。同時にF君彼女Vちゃんや、オランダ人Sちゃん、アメリカ人Kちゃんとも仲良くなりガールズトークで盛り上がったり。相変わらずスペイン語はめちゃくちゃ下手でしたけれど、なぜか下手同士話が通じていたのです。

気がつくと月曜日~木曜日は学校が終わったら家で勉強。金曜日は夜遊び(帰宅は土曜日の朝)、土曜日は午後から食料の買い出しや掃除をして誘いがあれば少しだけ出かけ、日曜日は家でゆっくり勉強、という生活ペースが出来上がりました。

日本人友達としては、同じ学校の中級クラスにスペイン生活で私が一番お世話になっているAさんがいました。私と同じく今でもスペインで働いています。私は彼女のコネでのちのちバルセロナでの就職が決まり、労働許可も無事ゲット。本当に感謝のしようがないくらい。バルセロナで一緒に働いていた時はべったり金魚の糞みたいに彼女につきまとっていました。同じく仲良くなり、アパートの同居人にもなった東京でスペインタイル講師として働くKちゃんもしばらくしてから入学してきます。

毎日少しずつスペイン語が上達するのを感じられる日々で、勉強も全然苦ではなく、大好きなクラスメートと楽しい日々を過ごしていました。でもまだスペイン人の友達は同居人のR君とA君のみです。やっぱりスペイン人と普通に友達になるにはまだまだ語学力が足りませんでした。

私の留学体験記のその他の記事はこちらから

当サイトが提供する無料サービス&サポートはこちらから

Facebookのオフィシャルページでは、サイトに掲載されない生のバレンシア・スペイン情報や写真を随時UPしています。

Twitter「バレンシア・スペイン留学」はこちらから

スペイン留学についてのお問い合せ

関連記事

Avatar

盛 千夏

このサイトについて

スペイン在住15年のスペイン留学専門エージェント。バレンシアで語学留学中にバルセロナで仕事を見つけ、引っ越し。
バルセロナでスペインの労働許可を取得し、日本の製薬会社が顧客の医療系出版社で4年間日本向けプロジェクトを運営。
2008年から再びバレンシア在住。日本食レストランのホール責任者→スペイン人向けの英語学校秘書→スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て、スペイン専門の留学エージェントとして独立。
家族はIT技術者のスペイン人夫と猫2匹。

入学手続き代行&留学サポート無料!

留学コーディネーター 盛 千夏留学コーディネーター 盛 千夏(モリ チナツ)

  • 入学手続き代行
  • 学校・コース・宿泊施設選択のアドバイス
  • 見積もり作成
  • バレンシアの日常生活情報提供
  • 学生ビザなど各種手続きのお手伝い
  • 留学前から語学学校終了終了までのメールカウンセリング
無料サポートについてはこちらをクリック!

バルセロナ留学を無料でサポート!

バルセロナ・スペイン留学 日本人スタッフが日本語で対応。バルセロナの格安語学学校紹介、入学手続き代行、学生ビザサポート、生活のご相談はすべて無料。特別割引も実施中!お気軽にお問い合せ下さい。

Pickup post

  1. バレンシアのクリスマスイルミネーション。
  2. ユーロ札 スペイン
  3. スペイン留学
  4. オルチャタ
  5. セビージャのカテドラルのある広場

ポチッとよろしく!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ ジモモ バルセロナ 卒業旅行の日程調整ツール 調整さん
original-paella
Return Top