バレンシア以外への留学をご希望の方は姉妹サイト「バルセロナ・スペイン留学」と「プエンテ・スペイン留学」(マドリード・セビージャ・グラナダ・マラガ)をご覧下さい。

バレンシアで長期スペイン留学!1年間の留学費用はいくら?

1年間のスペイン留学の費用の詳細

長期のスペイン語留学で一番気になるのはやっぱり留学費用。

格安で質の学校に通い、生活費を節約しつつも遊ぶときには遊ぶ!と言うメリハリのある留学生活が理想ですが、実際に1年間スペインで留学生として生活する費用はいくらぐらいなのでしょうか?

下記の1年のスペイン留学費用は2017年9月の物価と料金で計算しています。為替の変動で料金は上下することをご理解下さい。1年の長期留学の場合は1ユーロが130円か120円かで10万単位で予算が変わります。

留学費用の計算にはコース料金が長期では一番安い「Hispania, escuela de español」を利用、宿泊費は当サイトからの特別割引で10%OFFとなっています。

これらの料金は、留学生活に困らないであろう大体の目安となります。詳しいコースや宿泊施設のお見積りが必要な方はお問い合せ下さい。

20時間/週の授業を1年間受講する場合

どの語学学校も1年間あるいは長期のスペイン語コースに申し込み・支払いをすると1週間あたりの料金が割安です。

バレンシア・スペイン留学がイチ押しのスペイン語学校「Hispania, escuela de español」では50週目以降から1週間あたりの授業料が85ユーロとなり格安です。

1年間しっかりスペイン語を勉強する場合の費用

  • スペイン語コース(20時間/週、50週間+バカンス2週間=1年)=4250ユーロ
  • 学校の宿泊施設(一番安いシェアアパート)12週間(3か月)=990ユーロ(正規料金1100ユーロ、5週目以降キャンセル・返金可能
  • 学校のアパートを出た後の家賃:220~250ユーロ/月x9カ月=1980~2250ユーロ
  • 食費・生活費・交際費:300~350ユーロ/月×12カ月=3600ユーロ~4200ユーロ

合計:10820ユーロ~11690ユーロ

ビザ申請のための入学証明書と宿泊証明書取得に必要なのは黒字部分のコース料金+12週間の宿泊料金=5240ユーロです。

そして上記の費用に、下記が加わります。

  • フライト料金(往復)=8万円~12万円(時期やプロモーションにより値段は上下)
  • 海外留学保険=10万円~15万円(スペインの保険や日本の保険、オプションにより値段は上下)

1年のスペイン留学費用は160万円~175万円(2017年9月現在ː1ユーロ=130円で計算)

ただしこれはバレンシアでの留学生活に困らないであろう一般的な金額。

もしここから節約するとすれば、「学校の宿泊施設(一番安いシェアアパート)12週間(3か月)」。

Hispania, escuela de español」では学生ビザを取得した当サイトの生徒さんは、5週目以降の宿泊はキャンセル・返金が可能です。5週目以降をキャンセルした場合648ユーロが返金されます。これは自分で安い宿泊先を探せば3か月分ぐらいの家賃になります。

スペインは自炊をすると安いので、食費を上手にやりくりすればもっと節約できます。交際費などもバルやレストランに行く代わりにホームパーティにすれば安上がり!

フライトチケットも安い時期を選べば数万の差が出ます。留学スタート時期がいつでもよいのであれば、スカイスキャナーなどの航空券比較サイトでどの月や時期が安いか調べてみるのもよいでしょう。

海外留学保険も必要のないオプションはすべて外し、留学に必要なものだけを契約しましょう。スペインの保険の方がお得な場合もあります。

長期留学の場合の節約術は色々です。バレンシアの留学生の中には、1か月500ユーロ以下で生活している人もいます。

30週間でビザを取得し、現地で滞在延長=1年の留学

スペイン語の授業時間数は減るけれど、少しだけコース料金を節約できる方法もあります。

  • ある程度スペイン語を勉強した後は旅行や趣味を楽しみたい
  • 途中で滞在都市を変更するかもしれない
  • なるべく長くスペインに住むのが一番の目的

こんな人にお勧めなのが、上記のように1年分まとめて申し込まず、30週間の授業で学生ビザを取得し、その後スペインで滞在延長をする方法です。

2017年9月現在バレンシアでは、週4時間の授業でTarjeta de Estudiante(学生滞在許可)の延長が可能です
例えば「Hispania, escuela de español」で最初の30週間は週20時間クラスを受講、滞在許可(Tarjeta de Estudiante)延長には、週4時間授業を20週間以上申し込みをします。

注)滞在許可(Tarjeta de Estudiante)延長は12週間以上のコース延長が必要です。

1年間スペイン語+バカンスを楽しみたい場合の費用

  • スペイン語コース(20時間/週、30週間+バカンス2週間=1年)=3150ユーロ
  • スペイン語コース(4時間/週、20週間)=500ユーロ
  • 学校の宿泊施設(一番安いシェアアパート)12週間(3か月)=990ユーロ(正規料金1100ユーロ、5週目以降キャンセル・返金可能)
  • 学校のアパートを出た後の家賃:220~250ユーロ/月x9カ月=1980~2250ユーロ
  • 食費・生活費・交際費:300~350ユーロ/月×12カ月=3600ユーロ~4200ユーロ

合計:10520ユーロ~11390ユーロ

おなじく、下記の費用がが加わります。

  • フライト料金(往復)=8万円~12万円(時期やプロモーションにより上下)
  • 海外留学保険=10万円~15万円(スペインの保険や日本の保険により上下)

1年の留学費用の合計は約155万円~175万円(2017年9月現在ː1ユーロ=130円で計算)

滞在許可(Tarjeta de Estudiante)延長のために週4時間授業を20週間分購入すると合計80時間。20週間で4時間/週の授業を消化していくのではなく、20時間/週の授業に切り替えて80時間を4週間で消化すれば16週間のバカンスが出来ます。

もちろん最大52週間分(週4時間×52週間=208時間、1196ユーロ)の授業を購入し、1年間の滞在延長も可能。授業料は1年8カ月(30週+52週)で4346ユーロとお得です。

また、初めから2年は語学留学をしたいという方には、2年コース(4990ユーロ)が用意されています。これは、1年目は20時間/週、2年目は4時間/週の一般スペイン語コースで合計104週(2年)、合計1250時間のクラス受講となります。

旅行・外食・買い物の娯楽費は?

娯楽費に関しては個人差があり、いくら必要と言うことはできません。特に旅行を楽しみたい方で予算に限りがある方は、どこに行きたいのか、いくらぐらい必要かあらかじめ大体の予算を調べておくといいと思います。

季節を問わないのであれば、1年という長期留学なのでオフシーズンを狙っての旅行もおススメです。

ヨーロッパ内は格安航空券/LCCがたくさんあるので安いチケットが出たら旅行に行くと言うような節約の仕方もありです。

当サイトが提供する無料サービス&サポートはこちらから

Facebookのオフィシャルページでは、サイトに掲載されない生のバレンシア・スペイン情報や写真を随時UPしています。

Twitter「バレンシア・スペイン留学」はこちらから

スペイン留学についてのお問い合せ

関連記事

盛 千夏

このサイトについて

スペイン在住15年のスペイン留学専門エージェント。バレンシアで語学留学中にバルセロナで仕事を見つけ、引っ越し。
バルセロナでスペインの労働許可を取得し、日本の製薬会社が顧客の医療系出版社で4年間日本向けプロジェクトを運営。
2008年から再びバレンシア在住。日本食レストランのホール責任者→スペイン人向けの英語学校秘書→スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て、スペイン専門の留学エージェントとして独立。
家族はIT技術者のスペイン人夫と猫2匹。

入学手続き代行&留学サポート無料!

留学コーディネーター 盛 千夏留学コーディネーター 盛 千夏(モリ チナツ)

  • 入学手続き代行
  • 学校・コース・宿泊施設選択のアドバイス
  • 見積もり作成
  • バレンシアの日常生活情報提供
  • 学生ビザなど各種手続きのお手伝い
  • 留学前から語学学校終了終了までのメールカウンセリング
無料サポートについてはこちらをクリック!

バルセロナ留学を無料でサポート!

バルセロナ・スペイン留学 日本人スタッフが日本語で対応。バルセロナの格安語学学校紹介、入学手続き代行、学生ビザサポート、生活のご相談はすべて無料。特別割引も実施中!お気軽にお問い合せ下さい。

スペイン旅行記事のライターしています!

tabiness 220

Pickup post

  1. セビージャのカテドラルのある広場
  2. クリスマス
  3. バレンシアのクリスマスイルミネーション。
  4. スペイン留学
  5. スペインでアルバイト・仕事

ポチッとよろしく!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ ジモモ バルセロナ 卒業旅行の日程調整ツール 調整さん
original-paella
Return Top