バレンシア以外への留学をご希望の方は姉妹サイト「バルセロナ・スペイン留学」と「プエンテ・スペイン留学」(マドリード・セビージャ・グラナダ・マラガ)をご覧下さい。

スペインに来て驚いた事:その3 健康に関する事

スペインは医療費がタダだけど、診察してもらうまでに待ち時間4時間…。カモミールティや歯磨き粉を使った民間医療に根拠はあるのかな???

スペインの医療費は無料?

当時私が留学生としてスペインにやってきた頃に本当に驚いたのが、無料の医療費。

緊急(Urgencia、ウルヘンシアといいます)ならば、不法滞在の移民でも取り敢えず無料で診察をしてもらえます。手術も、出産も全て無料です。ただし、歯医者はきっちりお金を取られるので、歯科だけのプライベート保険に加入している人もいます。

スペインの医療更に10年ほど前、私がまだ留学生だった頃のバルセロナでは学生証(Tarjeta de estudiante)を所持し、住民登録(Empadronamiento)をしていれば、社会保険カード(Tarjeta sanitaria)を申請する権利があり、これを所持していると歯科以外の医療費が無料でした。バレンシアでは10年以上前から学生が社会保険カードを所持する事は出来ず、バルセロナも現在は不可能です。

もちろんこの無料制度を支えているのは、国民が収めている社会保険料なので財政難で失業率が25%を越えた今、色々変化が訪れています。医療費も無料でなくなる日が近いかも?

ちなみに薬代は無料ではありませんが公立病院のお医者さんが書いてくれた処方箋を持って薬局で薬を購入すれば、私立病院の処方箋で薬を購入するよりも安価です。そして現在は財政危機とともに政府の医療費削減が進み、薬の値段は上昇しています。

緊急の待ち時間

今のところバレンシアでは自治体が発行する社会保険カードを所持していれば公立病院の医療費は無料ですし、医者が書いてくれた処方箋があれば薬代もかなり安いです。(社会保険カードを所持していることが条件です。)

ただ無料の診察で、更に医療費カットとともに医者や看護師の人員削減も進んでいるので緊急に駆け込んでも2時間や3時間待ちは当たり前です。(はい、スペインは一生懸命勉強してドクターと呼ばれる立場になっても首を切られることがあるんです)ちょっとした風邪ぐらいで病院に行くと、待ち時間が長すぎて、症状悪化してしまうのではないかと思うことも。

病気や怪我で重体であればすぐに診察してもらえますがそうでない場合は後回しなのです。

緊急でない場合は?

普通の公立病院に行く場合はまずは自分が住む地区を管轄する病院に行き、自分の担当医Medico de cabecera(メディコ・デ・カベセラ)という先生の診察後にしかるべき専門医に振り分けてくれます。でもこの段階で担当医がこれは大した事ないなと思ったら、専門医に行く前にここで薬を処方して終わりということも多々あります。私は自分の担当医に結膜炎と診断されて、薬を塗布しても全く治らず、1ヶ月後に専門医に回されたら角膜炎だった事があります。もし担当医と合わないと感じた場合は担当医の変更も出来ます。

婦人科の定期検診などは、直接予約を入れる事が出来ますが、体調不良などではない検診などの場合は8ヶ月後に来て下さいなんて言われることも!

と言うことでお金に余裕のある人は私立病院に行くためのプライベート保険に入っています。

留学生でも格安で加入できるスペインのプライベート保険に興味のある方はこちらから。バルセロナ在住の日本人女性が親切丁寧に相談に乗ってくれます。

薬の投与量

スペインと日本では認可されいている薬や投与量が違うので、イブプロフェン1錠が600mgと知った時は驚きました。私は決して背が高くないので(横幅については割愛)とても効きます。いえ、スペインの薬は効き目が強すぎて怖いぐらいです。そしてスペイン人は結構薬好きな気がします。日本人は風邪をひいたらまずは暖かくして、胃腸に負担のかからない物を食べて、ビタミンをたくさん摂って…という行動を取ると思いますが、スペイン人はちょっとした風邪や痛みでもすぐ薬飲みます。

カモミールや歯磨き粉を使った民間療法

日本人には謎な民間療法。

カモミールは殺菌作用があるようで、結膜炎の時はカモミールティーで目を洗浄したり、カモミールのティーバックをまぶたの上に置いたりします。私はしょっちゅう結膜炎になるのです効くのかな…と思いながらも実践しています。また、傷んだ物を食べて嘔吐がひどく薬局に駆け込んだ時もカモミールティー飲んでね、吐くのはいい兆候よ、体の悪いものを全部出そうとしているからと言われて終わりだったことも。

やけどにはなぜか歯磨き粉。やけどした場所に歯磨き粉を塗布します。何度も言われましたが、オロナインを常備しているのでやったことはありませんが本当に効果あるんでしょうか?

そしてお腹の調子が悪いと、コカコーラを飲めと言われます。なぜファンタや他の炭酸飲料ではなくコカ・コーラなのか、どなたかご存知の方教えて下さい!

病気の時もほぼ普段と同じ食事

病気になると食べたくなる、おかゆ、おじや、あんかけうどん。そんなものはスペインにはありません。スペイン人は病気の時に何を食べるんでしょうか。オレンジジュースを飲んだりはするけれど、ちょっとした風邪や熱だと割りと普通の食事をします。私のパートナーもここ数週間風邪気味ですが、食事はいつもと同じものが良いと言います。

そして高熱が出たり、悪化した時はチキンスープみたいなものに細くて短いパスタを入れて食べます。でもこれってチキンからこってり出汁が出るので、高熱を出した日本人はあまり受け付けないのではないかなと思います。さすがスペイン、肉食の国ですね。

スペイン生活が長くなってくると、体調不良に備えて冷凍庫には必ず冷凍ごはんを用意して置くことを学びました。我が家では生姜、ねぎ、冷凍うどん、冷凍ごはん常備し、いつでもうどんやおじやが食べられるように準備万端です。(実際には殆ど風邪もひかないし、病気にもならないんですが)

「スペインに来て驚いた事:その1」はこちらから
スペインに来て驚いた事:その2 家族愛が強すぎる」はこちらから

当サイトが提供する無料サービス&サポートはこちらから

Facebookのオフィシャルページでは、サイトに掲載されない生のバレンシア・スペイン情報や写真を随時UPしています。

Twitter「バレンシア・スペイン留学」はこちらから

スペイン留学についてのお問い合せ

関連記事

盛 千夏

このサイトについて

スペイン在住15年のスペイン留学専門エージェント。バレンシアで語学留学中にバルセロナで仕事を見つけ、引っ越し。
バルセロナでスペインの労働許可を取得し、日本の製薬会社が顧客の医療系出版社で4年間日本向けプロジェクトを運営。
2008年から再びバレンシア在住。日本食レストランのホール責任者→スペイン人向けの英語学校秘書→スペイン語学校のコミュニティマネージャーを経て、スペイン専門の留学エージェントとして独立。
家族はIT技術者のスペイン人夫と猫2匹。

入学手続き代行&留学サポート無料!

留学コーディネーター 盛 千夏留学コーディネーター 盛 千夏(モリ チナツ)

  • 入学手続き代行
  • 学校・コース・宿泊施設選択のアドバイス
  • 見積もり作成
  • バレンシアの日常生活情報提供
  • 学生ビザなど各種手続きのお手伝い
  • 留学前から語学学校終了終了までのメールカウンセリング
無料サポートについてはこちらをクリック!

バルセロナ留学を無料でサポート!

バルセロナ・スペイン留学 日本人スタッフが日本語で対応。バルセロナの格安語学学校紹介、入学手続き代行、学生ビザサポート、生活のご相談はすべて無料。特別割引も実施中!お気軽にお問い合せ下さい。

スペイン旅行記事のライターしています!

tabiness 220

Pickup post

  1. スペイン留学
  2. オルチャタ
  3. ユーロ札 スペイン
  4. バレンシアのクリスマスイルミネーション。
  5. クリスマス

ポチッとよろしく!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ ジモモ バルセロナ 卒業旅行の日程調整ツール 調整さん
original-paella
Return Top